等伯忌(2月24日 記念日)

石川県七尾市で長谷川等伯(はせがわ とうはく)を顕彰する市民団体「等伯会」(大林重治会長)が制定。

長谷川等伯は安土桃山時代から江戸時代にかけて活躍した能登国・七尾(現:石川県七尾市)生まれの絵師。千利休や豊臣秀吉らに重用され、当時画壇のトップにいた狩野派を脅かすほどであった。代表作である『松林図屏風』(東京国立博物館蔵)は国宝に指定され、日本水墨画の最高傑作として名高い。狩野永徳、海北友松、雲谷等顔らと並び桃山時代を代表する画人である。日付は長谷川等伯の命日である慶長15年2月24日(1610年3月19日)から。講演会や作品観賞会などを行い、その功績を顕彰し、遺徳をしのぶ。忌日が日本記念日協会に認定登録されたのは「等伯忌」が初めて。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事