不器男忌(2月24日 記念日)

俳人・芝不器男(しば ふきお)の1930年(昭和5年)の忌日。

芝不器男について

1903年(明治36年)4月18日に現在の愛媛県松野町に生まれる。「不器男」の命名は『論語』の「子曰、君子不器」(子曰く、君子は器ならず)による。東京帝国大学農学部林学科、東北帝国大学工学部機械工学科を中退。

姉の誘いで長谷川零余子が主宰する「枯野」句会に出席し句作を始める。その後、「天の川」「ホトトギス」に転じ、1926年(大正15年)に「天の川」同人となる。昭和初期に彗星のように登場し俳壇に新風を吹き込んだ。

1929年(昭和4年)に睾丸炎を発病し、療養生活を送るが、翌年26歳の若さで死去。没後に『不器男句集』『定本芝不器男句集』などが刊行される。2002年(平成14年)には生誕100年を記念し、愛媛県文化振興財団により芝不器男・俳句新人賞が創設された。

リンク:Wikipediaコトバンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事