ビキニ・デー(3月1日 記念日)

1954年(昭和29年)のこの日、太平洋にあるマーシャル諸島のビキニ環礁でアメリカ軍が水爆実験を行い、付近を航行していたマグロ漁船「第五福竜丸」(静岡県焼津市)の乗組員23人全員が被曝した。

実験当時、第五福竜丸はアメリカが設定した危険水域の外で操業していた。危険を察知して海域からの脱出を図ったが、延縄の収容に時間がかかり、数時間に渡って放射性降下物(いわゆる死の灰)の降灰を受け続けた。船体や人体を十分洗浄もしないまま、強い放射能汚染のある状態で帰港までの2週間船上で生活をした。放射線による火傷、頭痛、嘔吐、眼の痛み、歯茎からの出血、脱毛などの症状を呈し、「急性放射線症」と診断された。その後、約半年後の9月23日、無線長だった久保山愛吉(くぼやま あいきち)が原爆病で死亡した。この死が国内外に衝撃を与え、日本において原水爆禁止などの反核運動が始まる動機になった。危険水域の外であったにもかかわらず、被爆の被害が発生した原因は、当初アメリカ軍が水素爆弾の威力を実際よりも弱く見積もり、危険区域を狭く設定したことにある。第五福竜丸は現在、東京都江東区の夢の島公園にある東京都立第五福竜丸展示館に展示されている。この日には反核の集会などが行われる。

リンク:第五福竜丸展示館

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事