黒ラベルの日(4月1日 記念日)

東京都渋谷区恵比寿に本社を置き、ビール・発泡酒・ワイン・焼酎などの製造・販売を行うサッポロビール株式会社が2018年(平成30年)に制定。

「黒ラベル」は、1977年(昭和52年)4月1日に発売された「サッポロびん生」に多くのファンが付けた愛称である。その名付け親であるファンへの感謝の気持ちと、1989年(平成元年)に正式なブランド名となった「黒ラベル」は今後も愛されるブランドであり続けるとの同社の決意が込められている。日付は「黒ラベル」の原点である「サッポロびん生」の誕生日から。

黒ラベル

黒ラベルについて

本当に美味しい生ビールを家庭でも味わってもらいたいとの想いから「サッポロびん生」が誕生した。熱処理ビールが主役だった当時、時代に先駆けて生ビールの「サッポロびん生」が1977年(昭和52年)のこの日に全国発売された。

サッポロびん生(1977年)
サッポロびん生(1977年)

初年度である1977年度は800万箱の売り上げを達成。これは予想を大幅に上回るもので、当初計画の3.3倍に相当した。「サッポロびん生」は、黒いラベルが印象的だったことから「黒ラベル」の愛称で広まった。

1985年(昭和60年)にはアメリカでの日本製ビールシェア第1位にもなった。ビール党からは正式のブランド名「びん生」よりも「黒ラベル」の愛称で親しまれ、1989年(平成元年)に「黒ラベル」が正式なブランド名となり、同社のナンバーワン商品に成長した。

黒ラベル(1989年)
黒ラベル(1989年)

2017年(平成29年)に「黒ラベル」(サッポロびん生)が誕生して40周年を迎えた。「黒ラベル」は、魅力ある大人たちに愛されるビールとして、品質にこだわり、理想の美味しい生ビールを追求し続けている。

リンク:黒ラベル

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事