ローズの日(6月2日 記念日)

神奈川県横浜市都筑区に事務局を置き、ブルガリア共和国のバラ(ブルガリアンローズ)の普及を目指して、研究・文化交流などを行う一般社団法人ブルガリアンローズ文化協会が制定。

日付は美しくバラの咲く時期であり、「ロ(6)ーズ(2)」と読む語呂合わせから。ブルガリアではバラの収穫を祝う感謝祭が6月初旬に行われる。その文化を日本でも広く定着させて、バラの花のもとに人々が集い、温かい平和な世の中になることを願って記念日とした。また、この日に大切な人にバラの贈り物をして、「感謝を伝える日」としている。

ローズの日

ブルガリアンローズについて

ブルガリアの春にバラの谷に咲くダマスクローズ(学名:ロサ・ダマスケナ)は、世界で最も香り豊かなバラとされ、花香の女王「ブルガリアンローズ」と呼ばれている。

優良な香りで知られ、香水の成分として使用されるローズオイルが抽出される。また、花びらは食用となり、調味料・付け合わせ・ハーブティの材料として用いられることが多い。

1年に1度、わずか3週間しか咲かないこの貴重なバラの収穫を祝い、ブルガリアでは6月第1週に「バラ祭り」が行われる。そして、家族や友人、恋人同士などの親しい間柄で、日頃の感謝の気持ちを込めて、バラの花やローズオイル、ローズウォーターを使ったお菓子や飲み物を贈る習慣がある。

ブルガリアンローズ

リンク:ブルガリアンローズ文化協会Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事