料理のレシピには著作権がない

著作権が認められるのは小説や音楽のように「思想や感情を創作的に表現したもの」とされている。そのため、レシピには著作権がなく、自由に真似や工夫しても問題ない。

レシピとは料理の作り方で、材料や調理方法が記載されたもので、肉や野菜の切り方、水や塩の分量、焼くか蒸すか、その時の火力などの情報になるが、これらは誰にでも思いつくことなので、著作権の対象にはならない。そのため、貴重なレシピは門外不出にする必要がある。コカ・コーラやケンタッキー・フライドチキンなどではレシピはごく一部の人しか知らないという。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事