北海道の「増毛町」を見渡せる峠は「毛無峠」

北海道には「増毛」と書いて「ましけ」と読む「増毛町(ましけちょう)」がある。その増毛町を見渡せる峠は「毛無峠(けなしとうげ)」という。

増毛町は、北海道北西部の留萌振興局管内南部にある町。町名の由来は、アイヌ語の「マシュキニ」「マシュケ」(カモメの多いところ)から。ボタンエビの漁獲高が日本一であり、アマエビやタコなどの水揚げも多い。

毛無峠は、小樽市と余市郡赤井川村の境にある国道393号の峠。毛無(けなし)とはアイヌ語の「ケナシ」kenas(山林)を漢字音訳したものと考えられている。毛無山展望所からは小樽市のほぼ全域を見渡すことができ、昼夜を問わず多くの人が訪れる景勝地である。毛無山展望所は「小樽八区八景」の1つであり、日本夜景遺産の「自然夜景遺産」にも選定されている。

毛無山展望所
画像元:Wikipedia

晴れた日に毛無峠から増毛町が見えた場合に毛が増えるといういい伝えがある。また、小樽市の公式サイトにも、毛無山展望所の概要欄に「毛無(けなし)から増毛(ましけ)を望める」ということから、頭髪が気にかかる人たちにとっては縁起が良い場所と言われている、と紹介されている。

リンク:小樽市

2018/9/23

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「地理・地名

関連記事