顕現日(1月6日 記念日)

異邦人への救い主(イエス・キリスト)の顕現を記念する教会の祝日。

顕現日(Epiphany)は、東方の三博士がベツレヘムに誕生したキリストを訪問し、キリストが神の子として公に現れたことを記念する日で、「公現祭」ともいう。対応する期節を「顕現節」という。キリストの聖誕日である「クリスマス」から12日後にあたり、クリスマスから前日まで(12月25日~1月5日)を「降誕節」(Christmas tide)という。

顕現とは、はっきりと姿を現すことを意味する。西方教会やカトリック教会、聖公会、正教会など宗派によって祝う期間などが異なるが、この日は顕現を記念して祝われる。

『東方三博士の礼拝』(シャルル=アンドレ=ヴァン=ルー、1760年頃)
『東方三博士の礼拝』

リンク:Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事