アスパラガスビスケットの日(1月11日 記念日)

東京都中央区日本橋浜町に本社を置き、ビスケット・クッキー・チョコレート菓子などの製造・販売を行う株式会社ギンビスが制定。

日付は「アスパラガスビスケット」の棒状の形を思い起こす1月11日とした。アスパラガスビスケットは、1968年(昭和43年)10月に発売され、2018年(平成30年)に発売50周年を迎えた同社のロングセラー商品である。世代を超えて愛され続けてきたアスパラガスビスケットを、さまざまな年代の家族が集まる年始に食べてもらいたいとの願いが込められている。記念日は2018年に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

アスパラガスビスケット

アスパラガスビスケットについて

アスパラガスビスケットは、野菜のアスパラガスの茎を模したスティックタイプのビスケットで、ギンビス伝統の味を受け継ぎ、同社の看板商品となっている。1975年(昭和50年)にモンドセレクション金賞を受賞し、3世代にわたって愛されている。

アスパラガスビスケット

黒ごまの風味が香ばしい、カリっとした食感である。また、塩味が効いて、おやつとしてだけでなく、軽食やおつまみにもなる。カルシウムと食物繊維を配合し、健康に配慮している。ミニサイズの「ミニアスパラガス」や「ミニアスパラガス バタートースト味」、期間限定の「ミニアスパラガスチョコ」などの商品がある。

リンク:ギンビス

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事