白馬そばの日(2月8日・9日・10日 記念日)

冷涼な気候と清流から風味豊かなそばが収穫される長野県白馬村の白馬商工会が制定。

日付は秋に収穫された新そばが厳冬期(2月頃)に熟成され、香りと甘みのバランスがとれた美味しい「寒そば」となることと、1998年(平成10年)2月8日に長野オリンピックのアルペンスキー、クロスカントリー、ジャンプ競技が白馬村で始まったこと、白馬の「ハ(8)ク(9)バ(8)」の語呂合わせ、それにご当地食「白馬ガレット」のガレットの「ト(10)」から、2月の8日・9日・10日の3日間とした。地域の魅力ある資源を国内外にPRすることが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

白馬そば

白馬村は、北アルプス山脈の雄大な自然に囲まれ、登山やスキーなどのマウンテンスポーツの聖地でもある。秋の新そばの時期である10月・11月には村内各所でそば祭りが開催される。

リンク:白馬村観光局

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事