仁丹の日(2月11日 記念日)

大阪府大阪市中央区に本社を置き、口中清涼剤「仁丹」を製造・販売している森下仁丹株式会社が制定。

日付は、1893年(明治26年)の同社の創業日と、1905年(明治38年)の「仁丹」の発売日から。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

仁丹

森下仁丹は100年以上の長きにわたり、医薬品や健康食品などを手がけてきた日本を代表する医薬品メーカーの一つである。

「仁丹」は、桂皮(シナニッケイの樹皮)や薄荷脳(メントール)など、16種類の生薬を配合して丸め、銀箔(発売当初から戦前まではベンガラ)でコーティングした丸薬。創業者・森下博は、「飲みやすく、携帯・保存に便利な薬を作りたい」という想いで「仁丹」を開発した。爽やかな清涼感で口がすっきり、気分がリフレッシュする。気分不快、口臭、二日酔いなどに効果がある。

他にも、ビフィズス菌(ロンガム種)で腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があるヘルスエイド「ビフィーナS」なども製造・販売している。

リンク:森下仁丹

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事