花幻忌(3月13日 記念日)

詩人・小説家の原民喜(はら たみき)の1951年(昭和26年)の忌日。

原民喜

「花幻忌」の名前は、原爆ドーム横の詩碑に刻まれた4行詩「碑銘」の終章「一輪の花の幻」に由来する。この日を中心として、民喜を偲ぶ集いが開催される。

原民喜について

1905年(明治38年)11月15日に現在の広島県広島市中区幟町に生まれる。慶應義塾大学英文科を卒業。1935年(昭和10年)に小品集『焔』を自費出版。デビュー作となる。詩・短編小説を『三田文学』などに発表。

1944年(昭和19年)の妻の死に続き、1945年(昭和20年)に疎開先の広島で原爆に被災。その体験を基に小説『夏の花』(1947年)を発表。抑制された筆致で描かれた原爆の惨状は読者に衝撃を与える。この作品で水上滝太郎賞を受賞。

朝鮮戦争の勃発に打撃を受け、小説『心願の国』(1951年)を残して鉄道自殺をする。45歳。その他の作品に詩『原爆小景』、小説『廃墟から』『壊滅の序曲』『鎮魂歌』などがある。

リンク:Wikipediaコトバンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事