ピンクデー(4月4日 記念日)

出会った人にしあわせになってもらいたいと毎日ピンク色の服を着ていることから「ピンク社長」と呼ばれる広島県広島市の多田多延子氏が制定。英語表記は「Pink Day」。

日付は4と4を合わせて「し(4)合わせ=しあわせ」と読むことと、「Present for you」などの「for you」が「4 you」と聞こえること、それに四つ葉のクローバーのように4が幸運を意味する数字に思えることから。ピンク色の紙に手紙を書いたり、絵を描いて送ったり、ピンクの花をプレゼントに贈るなどして、「しあわせを分かち合う日」とすることが目的。記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

ピンクデー

多田氏は、広島生まれ、広島育ちの女性起業家で、株式会社ティーエスピー代表取締役、一般社団法人ピースピースプロジェクト代表理事を務め、自然と人の共存共栄を目指し、地球に優しい太陽光エネルギー分譲仲介事業などを全国で展開している。

また、同氏はピンクは人の心にしあわせを感じさせる色であるとし、この日をピンク色の服やワンポイントをつける日、みんなで平和を祈る日とすることを提案している。

2019年(平成31年)のこの日には、六本木のザ・リッツ・カールトン東京で、世界初ピンクデーのピンクパーティが開催される。ドレスコードは、ピンクのものを1点以上身につけることとなっている。

リンク:ピンク社長ブログピンクパーティー

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事