桜風忌(4月16日 記念日)

昭和・平成時代のシンガーソングライター・河島英五(かわしま えいご)の2001年(平成13年)の忌日。

河島英五

河島英五について

1952年(昭和27年)4月23日、大阪府東大阪市に生まれる。大阪府立花園高等学校を卒業。

1969年(昭和44年)、高校在学中にフォークソングを始める。卒業後「ホモ・サピエンス」というグループで活動。京都の自主レーベル・京都レコードからデビュー。グループ解散後ソロ活動開始。

1975年(昭和50年)、メジャーデビュー。代表曲は「酒と泪と男と女」(作詞・作曲:河島英五、編曲:宮本光雄)。この歌は河島が19歳の時、彼の叔父の姿を見て作曲したものである。京都・伏見の清酒メーカー・黄桜酒造(現:黄桜)のCMソングとして使われるようになると全国的なヒットとなり、河島の名も全国的に知られるようになる。

その他の代表曲に「野風増」(橋幸夫らとの競作)、「時代おくれ」、「生きてりゃいいさ」(加藤登紀子に書き下ろした楽曲で、のちに河島もシングル発売)などがある。

1991年(平成3年)、「時代おくれ」で『第42回NHK紅白歌合戦』の出場歌手として選出される。1995年(平成7年)から阪神・淡路大震災の復興義援コンサート「復興の詩」をプロデュースする。

2001年(平成13年)、最後のライブを行った2日後、肝臓疾患のため48歳で急逝。「野風増」の歌詞には、息子が20歳になれば2人で酒を酌み交わしたいという内容があったが、河島本人は歌詞通りに息子・翔馬と杯を交わすことは叶わなかった。墓は奈良市の十輪院に建てられている。

男の強さや哀しさ、優しさ、父親としての心情を唱いあげた数々の曲は、時代を越えて男性の共感を呼び、歌い継がれている。

リンク河島英五メモリアルWEBサイトWikipediaコトバンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事