オンライン麻雀の日(4月26日 記念日)

東京都大田区蒲田に本社を置き、オンライン麻雀『Maru-Jan』を運営する株式会社シグナルトークが制定。

日付は麻雀のメンバーを集めるという意味の「4人(4)でつる(26)む」と読む語呂合わせから。また、メンゼン派の「for(4)ツモ(26)」、鳴き派の「四副露:スー(4)フー(2)ロー(6)」と読むこともでき、全ての雀士が自分のスタイルでオンライン麻雀を楽しんで欲しいという願いも込められている。

オンライン麻雀の日

記念日は、健全な娯楽としてのオンライン麻雀の普及・振興を目的としており、2007年(平成19年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

オンライン麻雀について

麻雀は、中国を起源とし、世界中で親しまれているテーブルゲームである。日本では、一般的に34種類136枚の牌を使い、4人のプレイヤーが麻雀卓と呼ばれる麻雀専用のテーブルを用いてプレイする。

家庭や麻雀店(雀荘)で麻雀卓を囲んで対局するほか、1990年代後半から2000年代にかけてのインターネットの普及や通信対戦の発展により、自宅やゲームセンターなどでオンラインによる対局も可能になった。

1997年(平成9年)にオンライン対戦麻雀の先駆けとなる『東風荘』がサービスを開始した。東風荘は、ダイヤルアップ接続が主流だった時代に人気を博したが、2018年(平成30年)3月末にサービスを終了した。

現在では、『麻雀格闘倶楽部』『ジャンナビ麻雀オンライン』『Maru-Jan』『天鳳』などのオンライン麻雀がサービスを提供している。

リンクオンライン麻雀『Maru-Jan』Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事