近江赤ハヤシの日(4月29日 記念日)

「近江赤ハヤシ」を協働で開発した「近江牛」生産・流通推進協議会、滋賀県食肉事業協同組合、カゴメ株式会社大阪支店の三者が制定。

日付は「し(4)がのに(2)く(9)」(滋賀の肉)と読む語呂合わせから。滋賀県が誇る食材である国内最古のブランド牛「近江牛」や「近江米」「近江の漬物」、そして「カゴメのトマトソース」を使った近江赤ハヤシを、ご当地グルメとして滋賀県の名物とすることが目的。記念日は2017年(平成29年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

近江赤ハヤシ

近江赤ハヤシについて

近江赤ハヤシの「赤」はトマトの色であり、これは近江国彦根藩の主家である井伊家が、鎧や旗指物など武器類を赤色で統一したことで「井伊の赤備え」と称されたことに由来し、滋賀にゆかりの深い縁起の良い色の象徴である。

近江牛は、松阪牛・神戸牛と共に三大和牛の一つとされる黒毛和種の和牛で、約400年という圧倒的に長い歴史を持っている。

近江赤ハヤシは、そんな歴史ある近江牛と、日本一の琵琶湖をはじめ、滋賀の豊かな自然に育まれた近江米を組み合わせたメニューである。また、付け合わせとして近江野菜のカブの漬物が添えられ、さっぱりとした後味を楽しむことができる。

リンクカゴメ

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事