産科瘻孔をなくすための国際デー(5月23日 記念日)

2012年(平成24年)12月の国連総会で制定。国際デーの一つ。英語表記は「International Day to End Obstetric Fistula」。

International Day to End Obstetric Fistula

瘻孔(ろうこう)とは、皮膚・粘膜や臓器の組織に、炎症などによって生じた管状の欠損・穴のことである。

産科瘻孔(Obstetric Fistula)は、閉塞性分娩に対して帝王切開などの適切な医療処置が行われない場合、胎児の頭が母体の骨盤を長時間圧迫することにより、母体の組織が壊死し、産道と膀胱または直腸との間に瘻孔が形成される障害である。

閉塞性分娩は、アフリカやアジア、ラテンアメリカなど発展途上国において、低年齢や栄養不良などにより、骨盤が十分に発達していない状態で妊娠した場合などに起こる。

産科瘻孔は、慢性的な尿失禁・便失禁の症状を引き起こし、皮膚感染や腎臓疾患、不快な体臭をまねき、治療しないと死に至る場合もある。また、うつ病の発症や社会的な孤立、経済的な困窮に至る場合も多く、深刻な問題となっている。産科瘻孔は、予防可能であり、また、専門の外科医による修復手術により治療が可能である。

この国際デーは、産科瘻孔をなくすために意識向上を図り、行動を促進するための日である。

リンクUnited Nationsコトバンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事