アフリカ・デー(5月25日 記念日)

1963年(昭和38年)のこの日、アフリカ統一機構(Organization of African Unity、略称:OAU)が発足した。英語表記は「Africa Day」。

アフリカ統一機構は、アフリカの統一と連帯の促進、独立の確保、人々の生活向上を目的として、南アフリカ共和国を除くアフリカの全独立国31ヵ国により創設された。その後、モロッコを除く全アフリカ諸国53ヵ国が加盟した。

アフリカ統一機構のあとを受けて、2002年(平成14年)7月にアフリカ連合(African Union、略称:AU)が発足した。欧州連合(EU)をモデルとしたもので、アフリカ諸国の政治的・経済的・社会的な統一を目指している。本部はエチオピアの首都アディスアベバである。

この日には、アフリカ連合が主催する記念イベントが開催される。また、ジンバブエやマリなど、アフリカのいくつかの国ではこの日を祝日として、お祭りが開催されるようである。

日本では2018年(平成30年)のこの日、AU(前身OAU)の設立55周年を記念してレセプションが開催された。出席した麻生太郎副総理は、官民連携によるアフリカの産業化に向けて協力していくことなどを述べている。

アフリカ・デー レセプション
アフリカ・デー レセプション

6月16日は「アフリカの子どもの日」、11月20日は「アフリカ工業化の日」となっている。

リンク外務省Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事