侵略による罪のない幼児犠牲者の国際デー(6月4日 記念日)

国連が制定。国際デーの一つ。英語表記は「International Day of Innocent Children Victims of Aggression」。

United Nations

1982年(昭和57年)8月19日、パレスチナ問題に関する国連緊急特別総会において、イスラエルの侵略行為によってパレスチナ・レバノンの罪のない多数の幼児が犠牲者となったことを悼み、6月4日を記念日とした。

この日は、肉体的、精神的、感情的な虐待の犠牲者である世界中の子どもたちが経験した苦痛を認識することを目的としている。また、子どもの権利を守るために国連の義務を確認する日である。

近年、多くの紛争地帯で、子どもに対する犯罪の数が増加している。紛争の影響を受けている国や地域に住む2億5000万人の子ども達を保護するためには、もっと多くのことが必要である。子どもを暴力的な過激派による標的から保護するため、国際人道法および人権法を推進するための活動が行われている。

Zero Violence Against Children

リンクUnited Nations

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事