ナンの日(7月6日 記念日)

東京都渋谷区恵比寿南に本社を置き、ピザのパイオニアとして知られる「デルソーレ」ブランドを展開する株式会社ジェーシー・コムサが制定。

ピザづくりで培った生地づくりの技術と経験を活かして提供する小麦粉を原料とした主食「小麦ごはん」の一つ「ナン」の美味しさをPRすることが目的。日付はナンの需要が高まる夏の始まりの時期であり、「ナ(7)ン(6)」と読む語呂合わせから。

同社は、「小麦ごはん」として、ナン、ピタパン、フォカッチャ、トルティーヤなど世界の美味しいパンを提供している。

同社の商品「手のばしナン」は、手でのばすことによりグルテンの特性を最大限に生かしたヒキと、本場インドのナンに近い独特の食感が特徴。高温のオーブンで一気に焼き上げることで水分を中に閉じ込め、ふっくらもちもちの食感となっている。定番のカレーのほか、ピザやサンド、デザートなどさまざまな食べ方を楽しむことができる。

リンク:JCコムサ

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事