生パスタの日(7月8日、毎月7日・8日 記念日)

生めん類の製造業者の団体である全国製麺協同組合連合会(全麺連)が制定。

日付は「な(7)まパ(8)スタ」(生パスタ)と読む語呂合わせから7月8日に。また、全麺連では同じ語呂合わせで毎月7日と8日も「生パスタの日」に制定している。素材の風味、味、コシなど、生パスタの魅力を多くの人に知ってもらうことが目的。記念日は2017年(平成29年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

生パスタ
画像元:どこもぐ

パスタについて

パスタ(pasta)はイタリア語であり、日本語の「麺類」とほぼ同義の意味を持つ。スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む。本場イタリアには地方独特のものも含め650種類ものパスタがあると言われており、毎年のように新しい種類が発表されている。

生パスタについて

普通のパスタは長期保存ができるように乾燥させている。生パスタとは乾燥をしていない生の状態のものを指す。パスタは乾燥させるとどうしても風味が抜けてしまうが、乾燥させない生パスタは素材の風味を楽しむことができる。また、乾燥パスタは水だけでの練るのが普通だが、生パスタは卵を入れて練ることでより歯切れ良くコシのある生地になる。

めんの記念日

11月11日及び毎月11日は「めんの日」、7月2日は「うどんの日」、10月17日は「沖縄そばの日」、10月26日は「きしめんの日」となっている。

リンク:全麺連

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事