国民栄誉賞の日(9月5日 記念日)

1977年(昭和52年)のこの日、2日前の9月3日に通算ホームラン数756本で世界最高記録を作った王貞治選手が、日本初の国民栄誉賞を受賞した。

国民栄誉賞とは、日本の内閣総理大臣表彰の一つで、前人未到の偉業を成し遂げ、多くの国民から敬愛され、夢と希望を与えた人に贈られる賞である。賞の運用は1977年(昭和52年)8月に定められた国民栄誉賞表彰規程に従って行われ、当時の首相・福田赳夫により創設された。

2018年(平成30年)9月時点で、古賀政男・長谷川一夫・植村直己・山下泰裕・衣笠祥雄・美空ひばり・千代の富士貢・藤山一郎・長谷川町子・黒澤明・高橋尚子・吉田沙保里・長嶋茂雄・松井秀喜・伊調馨・羽生善治・井山裕太・羽生結弦など、26個人1団体に対して授与されている。

王選手が世界記録を更新した9月3日は「ホームラン記念日」となっている。

リンクWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「9月の記念日」「今日は何の日

関連記事