スポーツボランティアの日(9月6日 記念日)

東京都新宿区百人町に事務局を置くNPO法人日本スポーツボランティア・アソシエーション(NSVA・宇佐美彰朗理事長)が制定。

日付は2020年9月6日の東京パラリンピック・閉会式と同じ日に、後世に「スポーツボランティア(スポ・ボラ)」の大切さを伝えていく「福島・復興五輪:オリ・パラ後夜祭」が行われることから。オリンピック・パラリンピックなど世界的なスポーツ大会は「スポーツボランティア」の協力・活動がなくては成立しない。そのことを忘れずに「スポーツボランティア」の育成と拡大を目指すことが目的。記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

リンク:NSVA

スポーツボランティアについて

スポーツボランティアはイベントの運営や参加者を支えている。2007年(平成19年)に開催した東京マラソンを契機に、スポーツボランティアが広く社会に認知されるようになった。全国で開催されるスポーツイベントが成功するかどうかはスポーツボランティアの活動が大きく影響を与えるようになりつつある。

スポーツボランティア

スポーツボランティア活動は、イベントの運営支援ばかりでなく、スポーツに関わる活動を支えている。地域の少年野球やサッカー教室など、スポーツクラブ・団体の活動も、スポーツボランティアによって支えられており、スポーツボランティア活動は多岐にわたる。

リンク:JSVN

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「9月の記念日」「今日は何の日

関連記事