スカウトの日(9月15日 記念日)

1974年(昭和49年)に北海道で開催された第6回日本ジャンボリーで、奉仕のために5月5日の国民の祝日「こどもの日」を含めた一週間を「スカウト週間」と定め、翌1975年(昭和50年)から実施したのが始まりである。

スカウトの日

1990年(平成2年)に「スカウト奉仕の日」に改称して国民の祝日「敬老の日」と同じ9月15日に変更し、翌1991年(平成3年)に「スカウトの日」に再度改称した。奉仕活動を通じて地域社会へ貢献するとともに、ボーイスカウトの活動が地域社会に根ざした実践活動であることを広く社会にアピールする日。ボーイスカウトではこの日から新しい年度が始まる。

スカウト(Scout)は、「偵察に出る」「探し回る」などの意味があり、「ボーイスカウト」「ガールスカウト」のことを指す。ジャンボリー(Jamboree)は、「にぎやかな宴会」の意味があり、「全国的または国際的に行われるボーイスカウトのキャンプ大会・祭典」のことを指す。

関連記念日について

ボーイスカウトに関連した記念日として、1月24日が「ボーイスカウト創立記念日」、2月22日が「世界友情の日」、5月22日が「ガールスカウトの日」、9月の第3木曜日が「世界スカウト平和の日」となっている。

リンクボーイスカウト日本連盟

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「9月の記念日」「今日は何の日

関連記事