揚州商人スーラータンメンの日(9月14日 記念日)

東京都杉並区和泉に本社を置き、「中国ラーメン揚州商人」などを展開する株式会社ホイッスル三好が制定。

中国の代表的なスープの 酸辣湯(サンラータン)に麺を入れた同社の「スーラータンメン」が大人気となっていることから、その美味しさをさらに多くの人に伝えることが目的。日付はレシピの生みの親である同社の三好比呂己代表の母・三好コト子さんの誕生日から。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

中国ラーメン揚州商人

揚州商人とスーラータンメンについて

中国・揚州出身の店主の祖父は、1920年(大正9年)に日本に渡り、中国料理店を開いた。店主の父がその店を継ぎ、店主は祖父と父がつくる中国の味で育った。「中国料理の美味しさを日本でも多くの人に味わってもらいたい」という一心で、店主は「揚州商人」を始め、「中国ラーメン」をお客様に届けている。

そんなお店の「スーラータンメン」は、他の店とはコクのある酸っぱさ・コクのある辛さが違い、同店の1番人気の商品となっている。主な具材は玉子・豚肉・椎茸・竹の子・白髪ねぎ。刀切麺(とうせつめん:極太麺)・柳麺(りゅうめん:細麺)・揚州麺(ようしゅうめん:中太麺)から麺を選ぶことができる。

スーラータンメン

リンク:ホイッスル三好中国ラーメン揚州商人

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「9月の記念日」「今日は何の日

関連記事