歯科技工士記念日(9月24日 記念日)

東京都新宿区市谷左内町に事務局を置き、歯科技工に関する教育研修・講師の認定などを行う公益社団法人・日本歯科技工士会(JDTA)が2005年(平成17年)に制定。

日付は1955年(昭和30年)のこの日、日本歯科技工士会が発足したことから。国民保健を支える専門医療技術者としての歯科技工士をアピールすることが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

日本歯科技工士会

同会は、「い(1)れ(0)ば(8)」(入れ歯)と読む語呂合わせから、10月8日を「入れ歯感謝デー」に制定している。

歯科技工士について

歯科技工士(Dental Technician)とは、歯科医師が作成した指示書を元に入れ歯や差し歯、銀歯などの製作・加工を行う医療系技術専門職のこと。また、歯科技工士法に基づく歯科技工士国家試験に合格した者に対する厚生労働大臣免許の国家資格である。

高度な精密技工技術とともに、患者さんごとに異なる歯の色や形を把握する繊細な審美感覚が求められる仕事である。就業先としては、歯科技工所、歯科診療所(歯科医院)、病院、歯科器材・材料関連企業などがある。

リンク:日本歯科技工士会Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「9月の記念日」「今日は何の日

関連記事