等身大フォトの日(10月4日 記念日)

広島県広島市安佐南区に本社を置き、全国で写真集の製作などを手がける株式会社アスカネットが制定。

日付は「とう(10)し(4)んだい」(等身大)と読む語呂合わせから。子どもの成長記録として赤ちゃんの大きさをそのまま(等身大)写真で残すことで得られる感動と、今までなかった「等身大撮影」という機会をより多くの人に知ってもらうことが目的。記念日は2017年(平成29年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

等身大フォト

等身大フォトについて

等身大フォトとは、0歳から2歳くらいまでの赤ちゃんや子どもを、プロのカメラマンに撮影してもらい、その時の赤ちゃんや子どもと同じ大きさ「等身大」で写真を残す方法である。

子どもの成長はあっという間。ハイハイしていたと思ったら、もう走り回っているもの。小学校に上がり、中学生になって、一緒にいる時間が少なくなっても、「ママー」と抱っこをせがんできたあの頃の写真がカタチに残っていたら、こんなに小さかったんだね。と、親は親の、子どもは子どもの視点から家族を再認識する時間が持てる。

リンク:等身大フォトを残そう

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事