トリコの日(10月5日 記念日)

芸能界を舞台に幼なじみの3人の愛と成長を描いた恋愛映画『あのコの、トリコ。』を製作する株式会社博報堂DYミュージック&ピクチャーズが制定。

日付は2018年(平成30年)10月5日に『あのコの、トリコ。』が全国公開されることと、10/5を「ト(10)リ(/)コ(5)」と読む語呂合わせから。映画の大切なテーマである「誰かをトリコにする恋愛の日」とするとともに、この映画の魅力をアピールすることが目的。記念日は2018年に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

映画『あのコの、トリコ。』

幼い頃に“あのコ”と交わした「3人で一緒に映画に出ようね!」なんて約束は、すっかり忘れたつもりだった。でも、雑誌の表紙で笑っている“あのコ”の笑顔が目に入ったとたん、あの約束が蘇り……。

原作は白石ユキによる漫画で、2013年(平成25年)から小学館の『Sho-Comi』にて連載され、既刊5巻のコミックスは累計発行部数100万部を突破(電子ダウンロード含む)。

主人公の地味で冴えないメガネ男子・頼(より)が大好きな“あのコ”雫(しずく)のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、そして昴(すばる)の幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるストーリーが人気を博した。

待望の続編連載も決定している大ヒットコミックが、実写映画化を果たす。幼なじみを演じるのは吉沢亮、新木優子、杉野遥亮の3人の人気俳優。

吉沢亮は彼の史上で最も冴えない地味男子を見事に演じ切り、新境地を切り開く。さらには、大好きな“あのコ”のためにかっこよく変貌していく姿を魅力全開に体現、そのギャップで観るものすべてをトリコに。

リンク映画『あのコの、トリコ。』Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事