窓ガラスの日(10月10日 記念日)

東京都港区高輪に事務局を置き、建築用ガラスの生産・流通・販売に関わる団体によって構成される機能ガラス普及推進協議会が制定。

日付は、ガラスは透明であり、高機能ガラスは2枚のガラス仕様が多いことから「とう(10)めい」(透明)が2枚あるという意味合いで10が2つ並ぶ10月10日としたもの。また、10月は「住生活月間」と「健康強調月間」であり、同日は「住宅部品点検の日」というのもその理由である。

快適な住生活を送るために、窓ガラスの手入れ、点検を実施して、必要に応じ建築物や住宅の安全性や居住性を向上させる機能ガラスへの取替えを行う「ガラスの衣替え」をしてもらうことが目的。記念日は2019年(令和元年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

窓ガラスの日

機能ガラス普及推進協議会は、板硝子協会や全国板硝子工事協同組合連合会など7団体で構成され、ガラス業界の経済的発展と、エコガラス・防災安全ガラスなど、安全・安心・快適な生活を実現する高機能ガラスの普及促進を目的に活動している。

同協議会は、記念日と合わせて10月を「窓ガラス点検月間」として、10月には窓ガラスに破損やひび割れなどがないか点検するよう呼び掛けている。

破損したガラスは、ガラスの破片でケガをしたり、ガラスの破片が落下したりする恐れがあり、放置しておくのは危険である。また、ガラスのひび割れは、小さな欠けであっても、放置しておくと全面破損につながる場合がある。

小さなものでも破損やひび割れなどを見つけたら、最寄りのガラス店や家を建てた工務店などに相談するのがよい。同協議会の加盟各社でも窓ガラスに関する悩みごとの相談を受け付けている。

リンクGLASS TOWN板硝子協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事