やわもちアイスの日(10月10日 記念日)

三重県津市に本社を置き、「井村屋あずきバー」などの人気製品で知られる井村屋グループ株式会社が制定。

日付は同社の「やわもちアイス」に用いられる「米」「あずき」などの古くからハレの日に使われてきた農産物の収穫の時期に感謝を込めて10月。「やわもちアイス」の容器を横にしてアイスとあんを1に、丸いおもちを0に見立て、1と0を合わせて10日としたもの。

やわもちアイスの日

和スイーツアイスの「やわもちアイス」を多くの人に味わってもらうことが目的。記念日は2019年(令和元年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

やわもちアイスの日

同社が制定した記念日として、毎月1日は「あずきの日」、7月1日は「井村屋あずきバーの日」となっている。

やわもちアイスについて

「やわもちアイス」は、柔らかおもちと濃厚なつぶあん、ミルクアイスの組み合わせを楽しめるぜんざいスイーツである。創業1896年(明治29年)、和の井村屋が新しい和風スイーツとして展開している。

やわもちアイス

おもちは同社独自の新技術で冷凍下でも柔らかく弾力のある食感に仕上げている。また、おもちは食べやすい大きさで、アイスはおもちやつぶあんの美味しさを引き立てるような甘さになっている。日本人の大好きなおもちを子供から大人までゆっくりと美味しく味わい、和の魅力も感じられるカップアイスである。

「やわもちアイス」の種類には、「つぶあんミルクカップ」のほかに「抹茶つぶあんカップ」「わらびもち」、期間限定の「栗あんカップ」などがある。2012年(平成24年)に発売以来、累計販売個数は約2億個を突破している。

また、「やわもちアイス シリーズ」は和菓子がもつ繊細さ、上品さ、美味しさの3つの要素を凝縮し、フタを開けた時の5つのもちを配した驚き、さらにはコストパフォーマンスの良さを評価され、2013年度グッドデザイン賞を受賞した。「あずきバー」に次ぐ同社のブランドとして成長している。

リンク井村屋やわもちアイス日本記念日協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事