世界血栓症デー(10月13日 記念日)

国際血栓止血学会が2014年(平成26年)から世界的に行っていることに呼応して、一般社団法人・日本血栓止血学会が制定。英語表記は「World Thrombosis Day」。

日付は、血栓症という用語を作り出し、その主要な原因を提唱したドイツの病理学者ルドルフ・ウィルヒョウ(Rudolf Virchow)の誕生日である1821年10月13日にちなんで。心筋梗塞・脳梗塞など、心血管系疾患の原因となる血栓症についての認識を高め、原因・危険性・症状・予防法・治療などの促進を図ることが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

世界血栓症デー

リンク:日本血栓止血学会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事