TOEICの日(10月19日 記念日)

東京都千代田区永田町に事務局を置き、「TOEIC」(トーイック)を日本で実施する一般財団法人・国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が制定。

日付は「トー(10)イッ(1)ク(9)」と読む語呂合わせから。

TOEIC

国際ビジネスコミュニケーション協会(The Institute for International Business Communication:IIBC)は、「人と企業の国際化」の推進を基本理念に、世界的な視野の下に活動を展開している。その中心事業が「TOEIC Program」であり、英語によるコミュニケーション能力の向上とグローバル人材育成を目的に、多彩な活動を行い、人と企業の国際化に貢献している。

「TOEIC」は、国際コミュニケーション英語能力テスト(Test of English for International Communication)の通称である。英語を母語としない者を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験で、1979年(昭和54年)に認定が開始された。

試験の開発・運営・試験結果の評価は、アメリカの非営利団体である教育試験サービス(Educational Testing Service:ETS)が行っている。満点は990点。2018年(平成30年)時点で、日本を含む世界150ヵ国で実施され、同年度の日本での受験者数は約266万人となっている。

リンク国際ビジネスコミュニケーション協会Wikipedia

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事