ナボナの日(12月18日 記念日)

東京・自由が丘に本社を置き、「ナボナ」など和菓子の製造・販売を手がける株式会社亀屋万年堂が制定。

日付は同社が1938年(昭和13年)12月18日に創業したことにちなむ。元巨人軍の王選手が出演した「ナボナはお菓子のホームラン王です」のCMで知られる「ナボナ」は、ロングセラーとなる同社の看板商品である。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

ナボナの日

1963年(昭和38年)に発売された「ナボナ」は、2013年(平成25年)で発売50周年を迎えた。また、亀屋万年堂は2018年(平成30年)で創業80周年を迎えた。

ナボナ

「ナボナ」が誕生したきっかけは、亀屋万年堂の創業者でもある引地末治がイタリア・ローマで見たお菓子祭りだった。大勢の市民が参加し、子どもたちが思い思いにお菓子を楽しんでいる光景に、心をうたれ、和菓子の感性を活かしながら、洋菓子の楽しさにあふれたお菓子を創れないものかと考え、どら焼きの形をした洋菓子「ナボナ」が誕生した。お菓子の名前は感動の原点となったナヴォーナ(NAVONA)広場にちなむ。

リンク:亀屋万年堂

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事