「山女」(やまめ)の名前の由来

ヤマメは、サケ目サケ科に属する魚であるサクラマスのうち、降海せずに、一生を河川で過ごす河川残留型(陸封型)の個体のこと。北海道から九州までの川の上流などの冷水域に生息する。

「ヤマメ」の漢字は普通「山女」または「山女魚」と書くが、魚へんに「軍」で「やまめ」と読み、「ずんぐりとした丸い魚」という意味がある。「山女」は、女性のように美しい姿から、「山の女」という意味に由来する。ヤマメは美しい姿態と味の良さから「渓流の女王」とも呼ばれ、高級魚としても名高い魚である。また、北海道、東北地方の一部では「ヤマベ」とも呼ばれる。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「魚へん漢字の由来

関連記事