世界最大の植物の種はオオミヤシの種

ヤシ科のオオミヤシ(フタゴヤシ)は西インド洋のセーシェル諸島の原産で植物界最大の種を持つ。

オオミヤシ
画像元:Framepool

木の幹は高さ30m、直径40cmに達する。樹齢はヤシ科植物中最長で、雌は500年、雄は1,000年といわれる。果実は標準なもので長さ45cm、幅30cm、厚さ25cm、重さ30kgある。この果実が木から落ちると割れて中から巨大な黒い種が出てくる。

オオミヤシの種
画像元:名城 植物研究部

長野市の戸隠地質化石博物館ではこの種が展示されおり、子ども達が直接触ることができる。また、この種はインテリアとしても人気があり、インターネット通販で購入することができる。「Natural Gallery」というサイトでは18万9,000円で販売されている。

オオミヤシの種
画像元:Natural Gallery

種の大きさはおよそ長さ32cm、幅30cm、厚さ16cm、重さ2.7kgとなっている。

リンク:戸隠地質化石博物館

2017/09/14

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生き物

関連記事