白菜を美味しく食べる方法:内側から食べる

普通、白菜は外側から食べるが、内側から食べるのが美味しく食べる方法である。

白菜
画像元:肌にいい食事

白菜は外側の葉っぱが旨味成分などの栄養分を作り、内側の葉っぱに送っている。これは収穫後も続いている。そのため、受け取り手がいないように先に内側を食べることで、外側の旨味などの栄養が送られることがなく栄養が外側に残り、最後まで美味しく食べられる。

ちなみに、白菜の保存方法は、丸ごとの白菜は新聞紙に包んで、日の当たらない涼しい場所に立てて保存するのがよい。紙が湿ってきたら新しいものに取り換えることで、冬場は3~4週間は長持ちする。一方、カットした白菜は傷みやすいので、ラップで包んで冷蔵庫の野菜室で保存し、早めに使い切るのがよい。

2017/12/11

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事