ジグソーパズルの日(3月3日 記念日)

ジグソーパズルを製造・販売する業者で構成されているジグソーパズルメーカー会が制定。日付は数字の「3」を裏表で組み合わせるとジグソーパズルのピースの形に見えることから。

ジグソーパズルは、1枚の絵を幾つかのピースと呼ばれる小片に分解して、ばらばらにしたピースを再び組み立てるというパズル。英語では「jigsaw puzzle」で、「jigsaw」は「糸鋸(いとのこぎり)、いとのこ」のことであり、元々このパズルが木の板を糸鋸で切って作られたことに由来する。

1760年頃に、ロンドンの彫刻師で地図製作者だったジョン・スピルズベリ(John Spilsbury)が、子供の教育のためにピースが国の形で、完成すると地図ができる木製のジグソーパズルを作ったのが最初と考えられている。このアイデアは教育現場で受け入れられ、イギリスの子供たちに地理を教える教材として人気を博したという。

現在では安価に製造することができる紙製のジグソーパズルが主流になったが、日本においてもジグソーパズルが子供の教育用としても使用されている。頭と手を使い楽しく遊びながら脳の健康を保ち集中力を向上させるものとして、子供からお年寄りまで幅広い年代に人気がある。

8月26日は「オリジナルジグソーパズルの日」。

リンク:株式会社ビバリー

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事