新茶の日(5月2日頃 記念日)

静岡県掛川市にあるお茶を扱う山啓製茶株式会社の山啓会が制定。

立春」から数えて88日目となる雑節の「八十八夜」。この日に摘んだ新茶は上等なものとされ、この日に新茶を飲むと「病気にならない」「長生きする」と伝えられていることから。この日を中心に、新茶の試飲や販促活動を行う。

その年の最初に生育した新芽を摘み採って作られる新茶(一番茶)は、栄養価が高く、うまみ成分が多く含まれる。また、甘み成分であるテアニンを豊富に含み、渋み成分であるカテキンが少ない。

お茶の樹や葉に含まれるアミノ酸の一種であるテアニンは、日光に当たると、ポリフェノールの一種であるカテキンになる。夏以降、芽が成長してから摘む二番茶や三番茶は、日光をたっぷり浴びて、カテキンが豊富な渋みのあるお茶になる。

「八十八夜」は、年によって日が変わるが、1985年から2020年までは平年なら5月2日、閏年なら5月1日である。また、2021年以降は「立春」の変動により5月1日、5月2日、5月3日となる。

「八十八夜」である「新茶の日」は以下の通り。
2016年(平成28年)5月1日
2017年(平成29年)5月2日
2018年5月2日
2019年5月2日
2020年5月1日
2021年5月1日
2022年5月2日

リンク:山啓製茶

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事