血清療法の日(12月4日 記念日)

1890年(明治23年)のこの日、北里柴三郎とエミール・ベーリングが破傷風とジフテリアの血清療法の発見を発表した。

血清療法とは、菌体を少量ずつ動物に注射しながら血清中に抗体を生み出し、その抗体のある血清を患者に注射することで、体内に入った毒素を中和して無力化する治療法。北里柴三郎(1853~1931)は「日本の細菌学の父」として知られ、初代伝染病研究所(現在の東大医科学研究所)所長、日本医師会の創立者である。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事