殺菌・除菌・抗菌・消毒の意味の違い | 雑学ネタ帳

殺菌・除菌・抗菌・消毒の意味の違い

石鹸や洗剤など、様々な製品に「殺菌」「除菌」「抗菌」「消毒」といった表示を見かける。この4種類は同じように思えるが、その定義に違いがある。

「殺菌」は微生物を死滅させること。「除菌」は微生物を物理的に取り除くこと。「抗菌」は微生物の増殖を抑えること。「消毒」は人畜に有害な微生物のみを殺菌することを意味している。

「殺菌」と「消毒」は薬事法により、消毒剤などの「医薬品」と薬用石鹸などの「医薬部外品」にしか用いることがができない。そのため、台所用洗剤などで「殺菌」の効果がある製品でも「除菌」と表示されている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事