何かが無性に食べたくなる時は病気の恐れがある

夜中に何かが無性に食べたくなる時というのは体が「足りない栄養素を欲している」というサインであり、栄養素不足からくる病気の恐れのサインである場合もある。

冷たいものを無性に食べたい時

アイスクリームのような冷たいものを無性に食べたい時は貧血の恐れがある。アイスを食べたいという状態は鉄不足により引き起こされる。

鉄が不足すると血液中の酸素が少なくなり貧血気味になる。それを解消しようと血液をより循環させるため体温を上昇させる。そのため、体を冷やすためにアイスなどを食べたくなる。しかし、アイスにはほとんど鉄が含まれていないため、鉄不足を解消しないといくら食べても翌日にはまたアイスを食べたくなる。

この状態を解決するためには昼間に代わりとなる食材を食べる必要がある。鉄を多く含む食材であるレバーやあさりと食べることで冷たいものが食べたいという欲求が徐々になくなっていく。

チョコレートを無性に食べたい時

チョコレートを無性に食べたい時はマグネシウムが不足している時で、頭痛・めまいの恐れがある。

マグネシウムにはストレスを抑える働きがあり、そのマグネシウムが不足してストレスを感じると、血圧や血液をコントロールする自律神経が影響を受けて血流が悪化し、頭痛・めまいに襲われる可能性がある。

夜中にチョコを食べたい時にはマグネシウムを効率よく摂れる枝豆などの豆類や海藻類を昼に食べるとよい。

ポテトチップスを無性に食べたい時

ポテトチップスを無性に食べたい時はカルシウムと塩素が不足している時で、消化不全の恐れがある。

カルシウムが不足するとストレスホルモン「コルチゾール」が増えてしまう。コルチゾールは脂肪を分解する働きがあるので、体は逆に脂肪を蓄えようと脂っこいものを食べたくなる。塩素は胃酸を作る役割があるため不足すると消化不全を引き起こす可能性がある。

夜中にポテトチップスを食べたい時にはカルシウムと塩素を多く含むチーズやしらす、桜えびなどを昼に食べると改善が期待できる。

2017/8/15

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事