ふんどしの日(2月14日 記念日)

東京都渋谷区宇田川町に事務局を置き、日本人全員が「ふんどし」一枚は持っている、そんな時代の到来を目標としている一般社団法人・日本ふんどし協会が制定。

日付は「ふ(2)んど(十)し(4)」と読む語呂合わせから。日本古来の文化であり、伝統的な下着の「ふんどし」。その普及と人々の「ふんどし」に対する理解と関心を高めることが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

ふんどしの日

バレンタインデー」と同日であることから、女性から男性へ「ふんどし」を贈ることも提案している。

ふんどしについて

「ふんどし」は、日本の伝統的な下着である。同様のものは世界各地に見られる。「ふんどし」の漢字「褌」は「衣」偏に「軍」と書くように、戦闘服に由来する。

昔は布が高価であったことから、戦国時代では戦死者の身分は褌の有無で見分けを行っていた。当時は麻が主流であったが、江戸時代に入り木綿に代わり、武士の他に一般庶民にも普及するようになった。

第二次世界大戦までは日本人成人男性の主な下着となっていたが、第二次世界大戦後、洋装化が進んだことや、ブリーフ、トランクスなどの新しい下着が出現したことで、急速に廃れてしまった。

「褌」を使った慣用句として、「十分に気持ちを引き締めて事に当たる」という意味の「褌を締めてかかる」、「他人の物を利用して自分の事に役立てる」という意味の「人の褌で相撲を取る」などがある。

リンク:日本ふんどし協会Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事