自動車保険の日(2月14日 記念日)

東京都千代田区丸の内に本社を置き、自動車保険・火災保険・海上保険など各種保険の引き受けを行っている東京海上日動火災保険株式会社が制定。

1914年(大正3年)2月14日、東京海上保険株式会社(現:東京海上日動火災保険株式会社)が「人とクルマの毎日を安心なものにしたい」という想いのもと、日本初の自動車保険の営業認可を取得した。2014年(平成26年)で「自動車保険誕生100周年」となり、自動車保険の大切さを多くの人に知ってもらうことが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

自動車保険

東京海上日動火災保険(略称:東京海上日動・東海日動)は、2004年(平成16年)10月1日に、ミレアホールディングス傘下の東京海上火災保険と日動火災海上保険が合併して発足した会社である。また、東京海上ホールディングス傘下の完全子会社であり、三菱グループの一員である。

同社のトータルアシスト自動車保険(総合自動車保険)は、事故対応のプロフェッショナルが365日24時間対応してくれる。その事故解決力は長年お客様から高い評価をいただき、お客様満足度は92.5%となっている。人とクルマの毎日に「安心」を届けている。

リンク:東京海上日動火災保険Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事