朱鳥忌(2月26日 記念日)

俳人・野見山朱鳥(のみやま あすか)の1970年(昭和45年)の忌日。

野見山朱鳥について

1917年(大正6年)4月30日に現在の福岡県直方市に生まれる。本名は正男(まさお)。県立鞍手中学校を卒業。その後、胸を病んで療養生活に入り、文学・絵画に親しむ。

1945年(昭和20年)に高浜虚子に師事し、「ホトトギス」に投句する。後に同人となる。第一著作『純粋俳句』、第一句集『曼珠沙華』を刊行する。1952年(昭和27年)に新生「菜殻火」を創刊し、主宰する。

1958年(昭和33年)、福田蓼汀の「山火」、橋本鶏二の「年輪」、波多野爽波の「青」とともに四誌連合会を発足させ、新人の顕彰に当たる。肺の病が悪化し、晩年は療養を余儀なくされ、52歳で死去。

他の著書に句集『天馬』『運命』『野見山朱鳥全句集』、評論集『忘れ得ぬ俳句』『助言抄』『川端茅舎』、『野見山朱鳥全集』などがある。

リンクWikipediaコトバンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事