世界野生生物の日(3月3日 記念日)

2013年(平成25年)12月の国連総会で制定。国際デーの一つ。英語表記は「World Wildlife Day」。

この記念日はワシントン条約と呼ばれる「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」が1973年(昭和48年)3月3日に採択されたことを記念したものである。経済的・文化的に重要な野生動植物の保護の取組の強化が目的。また、地球上に生息する、あらゆる野生生物に対する保護や生物の多様性について考える日。

世界野生生物の日

この日には全国の動物園・植物園でイベントが開催されるほか、経済産業省・環境省が、野生生物の取引規制に関する普及啓発のパネルを作成し、動物園・植物園で開催されるイベントなどで掲示している。

ワシントン条約について

ワシントン条約(Washington Convention)は、英語表記「Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora」の頭文字をとって「CITES」(サイテス)とも呼ばれる。

野生動植物の国際取引が乱獲を招き、種の存続が脅かされることがないよう、取引の規制を図る条約である。輸出国と輸入国が協力し、絶滅が危ぶまれる野生動植物の国際的な取引を規制することにより、これらの動植物の保護を図る。この条約には183ヵ国が加盟しており、約30,000種の動物が取引制限の対象となっている。

リンク:United Nations経済産業省Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事