草堂忌(3月3日 記念日)

俳人・山口草堂(やまぐち そうどう)の1985年(昭和60年)の忌日。

山口草堂について

1898年(明治31年)7月27日に大阪府大阪市に生まれる。本名は太一郎。早稲田大学文学部独文科を病により中退。文学仲間とともに句会をつくり「山茶花」に投句を始める。

水原秋桜子に師事し、1931年(昭和6年)に「馬酔木(あしび)」に参加。大阪馬酔木会を興し、その会報を前身として1935年(昭和10年)に「南風」を創刊・主宰。生きる証(あかし)としての俳句を提唱する。

1977年(昭和52年)、『四季蕭嘯(しょうしょう)』で蛇笏(だこつ)賞を受賞。1979年(昭和54年)、大阪市民文化功労賞を受賞。1984年(昭和59年)に「南風」主宰を鷲谷七菜子に譲り、同名誉主宰に就任。

心不全により86歳で死去。句集に『帰去来』『漂泊の歌』『行路抄』などがある。

リンク:Wikipediaコトバンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事