風信子忌(3月29日 記念日)

昭和初期の詩人・建築家の立原道造(たちはら みちぞう)の1939年(昭和14年)の忌日。

立原道造

「風信子忌(ヒアシンスき)」の名前は、立原がギリシャ神話のヒアシンス伝説に心を寄せ、自身の詩集を「風信子叢書」と名付けていたことにちなむ。

立原道造について

1914年(大正3年)7月30日に現在の東京都中央区東日本橋に生まれる。東京帝国大学工学部建築学科を卒業。在学中に建築の奨励賞である辰野賞を3年連続で受賞する。設計技師として建築事務所に勤務。

一方で、堀辰雄、室生犀星に師事。堀の主宰する詩雑誌『四季』同人として活躍する。1937年(昭和12年)に詩集『萱草(わすれぐさ)に寄す』『暁と夕の詩』を刊行。ソネット形式の中に優美繊細な音楽的響きのみなぎる詩を作る。

四季派を代表する抒情詩人の一人であり、建築と詩作の双方で才能を見せる。1939年(昭和14年)に第1回中原中也賞を受賞するが、その直後に結核のため24歳の若さで死去。

詩以外に短歌・俳句・物語・パステル画・スケッチ・建築設計図などを残す。没後に詩集『優しき歌』や『立原道造全集』が刊行された。

リンク:Wikipediaコトバンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事