アラ!の日(3月31日 記念日)

兵庫県たつの市に本社を置き、醤油を使用した食品などの製造・販売を手がけるブンセン株式会社が制定。

アラ!

海苔の佃煮「アラ!」は、同社を代表する商品の一つで、1961年(昭和36年)に発売され2021年(令和3年)に60周年を迎えた。

日付は「ア(3)ラ(3)!(1)」のように「アラ!」と「331」の文字と形が似ていることから3月31日としたもので、翌日4月1日の年度始めからも「アラ!」を食べて元気で過ごしてもらいたいとの意味も込められている。

「アラ!の日」の由来

ユニークなネーミングとおいしさで人気の「アラ!」ブランドの商品と同社のファンになってもらうことが目的。記念日は2021年(令和3年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

アラ!の日

ブンセン株式会社は、1934年(昭和9年)に地場産業の醤油醸造業として始まった。江戸時代に流通した銭貨「寛永通宝(かんえいつうほう)」のうち、裏に「文」の文字が印されたものが「文銭(ブンセン)」と呼ばれ重宝がられていた。これが社名の由来である。

ブンセン

コーポレート・メッセージは「おいしいが喜び」。その後、同社の強みを生かし、自家製の醤油で佃煮の製造に着手。

1951年(昭和26年)に海苔の佃煮の製造を開始。そして、1961年(昭和36年)に同社の商品を指名してもらいたいとの思いを込めて、その海苔の佃煮を「アラ!」と命名し販売を開始した。

当時としては珍しい感嘆符(!)を使ったネーミングで注目を集めた。とろ~りなめらかで甘めの味付けが特徴。かたつむりのメロディーに合わせ「アラ!」を連呼するラジオCMでおなじみである。

アラ!

商品ラインナップとしては、「アラ!」の他に、きざみ椎茸が入った「しいアラ!」や、しその実が入った「しそアラ!」、わさび入りの「わさびアラ!」、かつお節入りの「かつおアラ!」などがある。

また、時代のニーズに合わせ、瓶詰めが一般的な海苔の佃煮にスパウト容器を採用し、開封性や使い勝手を向上させた「減塩アラ!」を発売するなど、常に革新を心がけて新たな提案を続けている。

減塩アラ!

リンクブンセンWikipedia

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事