小児がんゴールドリボンの日(4月25日 記念日)

東京都豊島区西池袋に本部を置き、ゴールドリボン運動により小児がんの克服を目指す「認定NPO法人ゴールドリボン・ネットワーク」が制定。

日付は「し(4)ょうに(2)」(小児)と「ゴ(5)ールドリボン」と読む語呂合わせから。その治癒率は年々向上はしているものの、依然として子どもの病死原因として最も多い小児がん。日々、その病と闘っている子どもたちのことをもっと知ってもらい、支援の輪を広げ、子どもたちに笑顔を取り戻して欲しいとの想いが込められている。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

小児がんについて

小児がんとは、一般的に15歳以下の子どもがかかる様々ながんの総称である。主な小児がんには、白血病、脳腫瘍、神経芽腫、リンパ腫、腎腫瘍(腎芽腫、ウィルムス腫瘍)などがある。胃がんや肺がんなどは、子どもにはほぼみられない。

血液のがんである白血病やリンパ腫を除くと、大人では稀なものが多い。また、がんの種類が多いため、症例の多い病院での治療が必要とされ、主に小児専門病院(こども病院)への通院や入院により行われることが多い。

大人のがんとは異なり、生活習慣にがんの発生原因があると考えられるものは少なく、網膜芽腫やウィルムス腫瘍のように遺伝するものもある。また、大人と比べるとがんの増殖が早いが、化学療法や放射線療法の効果が極めて高いのも特徴である。

ゴールドリボンについて

ゴールドリボンは、小児がんの子どもたちを支える活動のためのシンボルマークである。

ゴールドリボン
ゴールドリボン

アメリカでは、様々な団体がこのシンボルマークを使って、小児がんに関する啓発活動や治療研究などへの経済的支援を求める運動を行っている。日本では、まだ歴史の浅い運動だが、徐々に活動団体や支援企業が増えてきている。

リンク:ゴールドリボン・ネットワークWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事