植物エキスの日(5月5日 記念日)

岐阜県本巣市に本社を置く、研究開発型原料メーカーの一丸ファルコス株式会社が制定。

日付は『日本書紀』によると611年(推古天皇19年)の陰暦5月5日に「薬狩り」という薬草を採取する行事が行われ、その薬草の成分を抽出したエキスを治療に役立てていたと考えられることから、新暦の同じ日付の5月5日に。

植物などの天然素材から化粧品や健康食品などの原料を提供する同社。植物エキスの優れた有用性を知ってもらい、広く活用してもらうことが目的。記念日は2017年(平成29年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

植物エキスの日

同社は、「ナチュラル原料で美と健康を創造するパイオニア」であり、国内はもとより広く海外の人々へ、天然素材から抽出した多種多様な有用成分を含んだ製品を供給している。記念日の制定1周年を迎えた2018年(平成30年)5月には本社植物園にてハーブの苗植えイベントなどが開催された。

リンク一丸ファルコス

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事